【ひよこ組の一日(0歳児)】
人生の中で一番成長が著しい時期ですが、同時に大人の養護なしでは生活できません。 ご家庭とこども園で協力し、子どもさんの生活がスムーズに流れていくようにしましょう。 十分な養護と愛情を持って、一人一人の子どもに接していきます。
時  間   内  容 活  動 
適宜  登 園 お家の方から保育者へバトンタッチ
気になる事柄などを互いに連絡し合います
 着替え 気温にあわせて衣服の調整とおむつ交換をします。
身体の状態をチェックしながら赤ちゃん体操をします。
気持ちの良さ、悪さを感じて貰うため布おむつを使います。
汚れたらすぐにおむつ交換をします。 
適宜  あそび 抱かれたりあやされたりして遊びます。
ハイハイも充分にして身体の機能を発達させます。
外気浴・日光浴をして皮膚を丈夫にします。
9:15〜15:00  おやつ 自家製ヨーグルトや果物・てづくりお菓子を離乳の進度に合わせ食べます。 
11:00
(子どもにより適宜)
 離乳食 ミルク・母乳(ご家庭より預かります)や離乳食など。
またスプーンやお箸を使うことも、一人ひとりの子どもに合わせていきます。
食後は歯磨きを成長に合わせた歯ブラシで行います
適宜  昼 寝 月齢によって時間も回数も違いますが、静かな雰囲気の中で充分に睡眠を取ります。
適宜   あそび お迎えが来るまで、外や遊戯室で遊びます。 
 降 園 保育者からおうちの方へバトンタッチ。
園での様子をお話しします。・・・詳しくは連絡ノートで 
【ひよこ組の一日(1歳児)】
 
なんでも「自分で」と言い出す大切な時期です。「出来るわけないのに」とやってしまうのではなく、 子どもが「できたー」と満足感を持てるように、周りの大人が上手にお手伝いをしてあげましょう
 時間 内容  活動 
適 宜  登 園 お家の方から保育者へバトンタッチ。
気になる事柄などを互いに連絡しあいます
着替え 気温にあわせて衣服の調整をします。
自分で着替えようとする気持ちを大切にしながら保育者が手伝います。
歩数計をつけてもらいます。
朝一番のおしっこタイム・・・便座に座ります。
 適 宜 シール
貼 り
あそび
保育者と一緒に出席カードにシールを貼ります
午前のおやつまで保育者と一緒に遊びます。
9:15 おやつ  自家製ヨーグルトや果物
9:30

10:50

あそび

片づけ
 
雨降り以外の時は外遊びをします。
暖かい時は裸足で泥んこや水遊び・お散歩にも出かけます。
おもちゃを片付けて、汚れた足を洗ってお部屋へ戻ります。
おしっこタイム・うがい、手洗いも上手に出来ます。
11:00


昼 食

歯磨き 
上手ではないけれどスプーンやお箸を持って食事をします。
ボロボロこぼしてしまうけど、「自分で食べる」という気持ちを大切にします。(後半は上手になります)
自分で歯をゴシゴシしたら、保育者が仕上げ磨きをします。
12:00  昼 寝  パジャマに着替えをしたら絵本や紙芝居を読んでもらって静かな曲を聴きながらお布団で眠ります。
15:00 おやつ 手作りお菓子など、軽い食事程度のものを食べます。
適 宜  あそび  お迎えがくるまで、外や遊戯室で遊びます。
降 園  保育者からおうちの方へバトンタッチ。
園での様子をお話しします。・・・詳しくは連絡ノートで。
【はと組の一日(2歳児)】
大人の指示には何にでも「いや いや」を連発する第一反抗期がやってきます。
「言うことを聞かないで」と怒る前にちょっとこどもの様子を見て下さい。子どもなりに自分で考えて行動を始めます。友達とのけんかも起こり 「社会」へのワンステップが始まります。保育者は子どもが考えて行動するようお手伝いします。
時 間   内 容  活 動
適 宜 登 園  「おはよう」と元気に挨拶をしてお部屋に入ります。
お家の方から保育者へバトンタッチ。
気になる事柄などを互いに連絡し合います。 
着替え  気温にあわせて衣服の調整をします。
自分で着替えようとします出来ないところは保育者が手伝います。歩数計をつけます。
コップ・歯ブラシ・連絡ノートをカバンから出します。
トイレは自分で行きたいときに行って排泄します。 
適 宜  シール
貼り
あそび 
出席カードにシールを貼ります。
午前のおやつまで保育者や友達と一緒に遊びます。 
 9:15  おやつ  自家製ヨーグルトや果物 
 9:30  あそび  外で遊べる時は外遊びをします。
外遊びでは裸足で泥んこや水遊び・お散歩にも出かけます。 
11:00  片付け  おもちゃを片付けて、汚れた足を洗ってお部屋へ戻ります。
おしっこタイム・うがい、手洗いをしてきれいにします。 
11:10

 
昼食

歯磨き 
お箸を上手に使って食事をします。こぼす量も少なくなりみんなで楽しく食事をするようになります。

自分で歯をゴシゴシしたら、保育者が仕上げ磨きをします。 
11:50 

12:00
あそび

昼 寝 
パジャマに着替えをしたら、友達とひと遊びします。
「ごっこ遊び」が始まり数人での遊びとなっていきます。
絵本や紙芝居を読んでもらって静かな曲を聴きながらお布団で眠ります。 
15:00  おやつ  手作りお菓子など、軽い食事程度のものを食べます。 
適 宜  あそび  お迎えがくるまで、外や遊戯室で遊びます。 
降 園  保育者からおうちの方へバトンタッチ。
園での様子をお話しします。・・・詳しくは連絡ノートで。
「さようなら」と元気に挨拶をして帰ります。 
【幼児組の一日】(3歳児〜6歳児)
異年齢の子ども達が集まり、兄弟姉妹のような関係がつくられます。年少児は友達と一緒に遊ぶことが多くなりますが、同時にけんかも派手で数多くなります。 けんかしながらも相手の言葉に耳を傾け始めるのが年中児で相手の気持ちを思いやるようになるのが年長児です。小さな子ども達の社会で身につくものは、大人では 与えることが出来ないすばらしいものです。
保育者は、子ども達が自分たちで考え、選択し、行動する機会を意図的に多くしていきます。
 時間 内容  活動 
 適 宜 登 園

支 度
 
 「おはようございます」と元気に挨拶をします。
お家の方から保育者へバトンタッチ。
自分でカバンから連絡ノートなどを出します。
出席カードにシールを貼り歩数計をつけます。
  あそび  外で遊んだり、室内で粘土や製作をしたり自分で好きな遊びをします。
暖かい日は戸外では、裸足になって泥んこ遊び・水遊びと思い切り体を使って遊びます。
室内では、廃材を工夫しておもちゃなどを作ったり、絵の具やクレパスなどで絵を描いたりします。
保育者は、一人ひとりの子どもが遊びを発展させていくためのお手伝いをします。
その他にも体育教室や音楽教室、農園活動等を行います。
11:30




12:30 
片付け おなかがすいた子は片付けをして食事をします。
おもちゃは分類して次に使う人のために整理して片付けます。
汚れた足や体を洗って、洗面所へ行き、排泄・手洗い・うがいをしっかりとします。
保育者は習慣となるまできちんと指導します。 
昼 食



歯磨き 
ランチルームで食事をします。
当番の年長児に自分で食べられそうな量におかずをよそってもらい、席まで運びます。
お箸を上手に使って「三角食べ」に気をつけながら友達と楽しく食事をします。
保育者は一緒に食事をしながら、正しい姿勢、良くかむことを指導していきます。
自分で歯をゴシゴシしたら、保育者が仕上げ磨きをします。 
  着替え パジャマに着替えをします。脱いだ体操着をきちんとたたんで体操着袋にしまいます。
みんながそろうまで部屋で遊びます。 
12:50  読み聞かせ  クラスごとに手遊びや童謡、季節の歌などを歌ってから、
絵本や紙芝居・物語などを見たり、聞いたりしてお話の世界に入ります。 
13:20  昼 寝  その後遊戯室で静かな曲を聴きながら眠ります。 
14:30  着替え  目覚めた子どもから着替えをし、布団も自分で片付けます。
連絡ノートなどをかばんにしまいます。 
15:00  おやつ  手作りお菓子やヨーグルト・するめなどを食べます。 
適 宜  あそび  お迎えがくるまで、外や遊戯室で遊びます。 
降 園  保育者からお家の方へバトンタッチ。
自分でかばんを持って「さようなら」と保育者と挨拶を交わしてから帰ります。